共同墓について(教会墓所や信者・信徒専用のお墓)

共同墓共同墓(きょうどうはか)は友人や信仰を共にする人々を祀ったお墓です。あまり多くは建てられていませんが、これまでとは違う形態から注目されているお墓です。

共同墓は他に共同墓地と誤解されやすい内容となっています。共同とは「複数の人や団体が同じ目的のために一緒に事を行ったり、同じ条件・資格でかかわったりすること」となっていることから通常の公園墓地なども同じように呼ばれていたります。
他にも両家墓は1つのお墓を両家の間で共同利用するため、同じように誤解されているケースがありますのでどのような目的でお墓を建てるかを確認されると良いでしょう。

ここでは教会墓所を参考に霊園などでキリスト教の信者が共同で利用するお墓についてご案内いたします。

共同墓(複数の信者や信徒が一つのお墓を利用する場合)

教会墓所通常は教会の中に単独のお墓を立てることが多いのですが、信者などと共同で利用するお墓を建てる協会もあります。この場合は教会にお墓を建てるスペースが無かったり、墓地に空きがないことがあり新たに協会の名義で近くの民間霊園でお墓を用意することがあります。

昔は都立霊園や市営霊園でも協会のお墓を建てていたのですが、今は法人名義のお墓は公営墓地では申し込むことができなくなっています。

民間霊園でも墓地の総面積や規模によっては受け付けをしていないところもありますので、事前に確認をするようにした方がよいでしょう。地域性もありますが、目安としては中規模ぐらいで1,200区画以上ある霊園が受け付けていること多いようです。

最終的には宗教が自由な霊園であっても経営主体からの許可が必要になりますので希望する場所が決まったら見学やお申込み前にお電話で確認されると良いでしょう。

共同墓を建てる公園墓地を探すならこちら
共同墓を建てる公園墓地を探すならこちら

注意点

共同墓は複数の遺骨を入れることになりますのである程度の大きさが必要になります。特にカロート(納骨室)はある程度は面積に比例して大きくなりますが事前に何体のご遺骨を入れるかを担当に確認された方が良いでしょう。
また、お墓は土地の面積が大きいほど料金が必要になりますので予算によっては土地代が安い郊外をご検討いただく必要があります。

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内