個人墓について(著名人や有名人単独のお墓)

個人墓個人を祀るお墓です。本人以外の人が入ることはありません。故人の功績や趣味などを表した、個性的な形の墓石が多く建てられています。近年では、小さめの個人墓を建て決められた年数後、永代供養してもらうスタイルもあります。

個人墓は主に同じ区画の中に、個人のお墓と家墓を建てるスタイルがもっとも多く存在します。古くからある霊園ではこのタイプが一般的のようです。

それ以外にも、都立霊園などでは著名人・有名人の単独の個人墓もあります。一部ですがご紹介いたします。

夏目漱石(なつめそうせき)1867~1916

夏目漱石のお墓明治期の人気作家
当時の雑誌「太陽」が募集した文化人の人気投票で毎年第一位。「こころ」に雑司ヶ谷霊園を描く。小泉八雲が東大を去った後の東大講師。

羽仁もと子(はにもとこ)1873~1957

羽仁もと子のお墓理想を教育・出版で
キリスト教徒として、西池袋に新しい教育を目指して自由学園を創立。当時の校舎、明日館(みょうにちかん)はフランク・ロイド・ライトの設計で国の重要文化財。雑誌「婦人之友」を創刊。

小栗忠順(おぐりただまさ)1850~1904

小栗忠順のお墓開明派の「最後の幕臣」
「明治の父」と司馬遼太郎が言う、幕末の開明派の幕臣。「日米修好通商条約」批准で渡米。その随行艦「咸臨丸」には勝海舟、福沢諭吉ら。

ご自身のお墓をお考えの場合はこちらよりお探しいただけます。
お墓を値段や条件から探す

ポイント

最近では、こういった著名人・有名人のお墓を巡るなど歴史や文化を体験する方が増えているようです。インターネットでも墓マイラーという言葉が出てくるほどです。
都立霊園の管理事務所では、霊園に眠る著名人の方たちの霊園マップを提供していただけるので、一度巡ってみるのも良いでしょう。

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内