お墓の形式やスタイルをご案内

墓地・墓石の形式やスタイルお墓には「家墓」「両家墓」「個人墓」など、
さまざまな墓石の形式やスタイルがあります。お客様の希望内容にに合わせてお墓のスタイルをご紹介しております。

その他にも、墓石の形状や分類も合わせてご確認いただくとお墓の完成イメージが分かりやすくなります。

形状や分類・デザインなどの詳細

家墓・累代墓(家族・親族単位のお墓)

家墓家墓(いえはか)は家族を祀り、子孫へと受け継がれてゆくお墓です。
現在どこの墓地でも見られるもっとも一般的な墓所で家族や同一姓の親族の遺骨を収めるお墓です。遺骨を納めるたびに墓誌または墓碑の裏面・側面に戒名や法名、俗名などを彫刻していきます。

両家墓について(名字の違う家同士のお墓)

両家墓二つの家を一つのお墓に祀ったものです。昔からあるスタイルなのですが、あまり知られていないようです。
一人娘の結婚などで、お墓を継承していく人がいない家族が増えたことによって建てられるようになりました。

個人墓について(著名人や有名人単独のお墓)

個人墓個人を祀るお墓です。本人以外の人が入ることはありません。故人の功績や趣味などを表した、個性的な形の墓石が多く建てられています。近年では、小さめの個人墓を建て決められた年数後、永代供養してもらうスタイルもあります。

共同墓について(教会墓所や信者・信徒専用のお墓)

共同墓共同墓(きょうどうはか)は友人や信仰を共にする人々を祀ったお墓です。あまり多くは建てられていませんが、これまでとは違う形態から注目されているお墓です。

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内