和型墓石の種類と加工

和型墓石は仏舎利塔(古代インドの「ストゥーパ」)に由来する供養塔や五輪塔を簡略化したもので、復縁(おめでたいこと)を意味しています。伝統ある和型墓石は現在でも非常に人気があります。基本構造としては、竿石、上台、中台、芝台によって構成される4段のものが一般的です。
和型のお墓は、標準型から特上型、塔の形になったものなどがあります。

和型墓石の構造と名称

和型墓石の基本的な形

標準型 高級型 特上型
標準型 高級型 特上型
五輪塔 大名墓 トキン型
五輪塔 大名墓 トキン型

和型墓石の特別加工

香箱 トキン(神道用) 額縁 銀杏面
香箱 トキン(神道用) 額縁 銀杏面
水垂 切り出し亀腹 スリン台 蓮華台
水垂 切り出し亀腹 スリン台 蓮華台

 

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内