芝生墓地の特徴や意味と人気の霊園

芝生墓地芝生墓地とは欧米で見られるタイプの墓地で地下に納骨室をつくり埋葬します。芝生の緑が鮮やかなお墓です。また、日本独自に形状を変えてカロート(納骨棺)を地面の上に作る霊園もあります。 

石材を使用する量が一般墓地よりも少なくて済むため、予算を抑えて購入することができます。また、予算にゆとりが出来るので複数の石種を選べることが特長ともいえます。
ほとんどの墓石が洋型のですが販売当初から人気の高い墓地タイプになっております。

但し、芝生のメンテナンスなどが必要になるため年間管理料が同じ平米の区画よも高い場合が多いようです。このため芝生の変わりに玉竜を植えて管理料を少し安くした緑地付墓地もあります。

芝生墓地の左はふじみ野霊園、真ん中はメモリアルフォレスト多摩南の丘、右は新座メモリアル

お客様からの印象

写真のように緑が多くお墓が離れて建っているので圧迫感が少ないのもお客様から喜ばれています。昔のお墓のイメージとは違い明るくみんなでお参りが出来る公園墓地という名称に合ったお墓ともいえます。

最近では費用も抑えられるこから一般の墓地区画を芝生区画へ変更して販売している霊園もあります。

芝生(玉竜)の追加情報

芝生墓地は、霊園によってはタマリュウ(玉竜)を芝生の変わりに植えている場合があります。タマリュウのメリットはいつでも青々しく緑色であることが特徴です。芝生の場合は、冬季は葉の色が茶色くなってしまいますが、芽が細くやわらかいのが特徴です。

芝生墓地が人気の霊園

上記以外にも芝生墓地がある霊園をご案内しています。ご希望の地域や条件によってはペットと一緒に入ることも出来ます。
お墓を値段や地域・条件から探す

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内