壁面墓地の特徴や意味と人気の霊園

壁面墓地壁面墓地とは、プレート墓とも呼ばれる墓石を設置しないでお好みの石を外側の一部にはめ込んで、そこに家名などを彫刻するタイプの墓地です。 

市営の早野聖地公園では、墓地の供給不足を補うために有効期限を設けて墓所を再利用する方法をとっています。
また、石碑を造らないタイプの墓所のため料金も安く設定されていることが多いようです。

家名を彫るプレートには、黒か赤の石種が使われることが多く、プレートのサイズが決まっているため、両家墓などにはむかない墓所のタイプです。

壁面墓地、左はメモリアルステージ新横浜、真ん中は都立-多磨霊園、右は早野聖地公園

壁面墓地の追加情報
石材の種類にもよりますが外柵(がいさく)の一部、後ろの屏風(びょうぶ)に直接、家名を彫刻する場合もあります。
注意点は、石碑が無いため戒名を彫刻するスペースが少なくなってしまいます。

壁面墓地が人気の霊園

上記以外にも壁面墓地がある霊園をご案内しています。ご希望の地域や条件によってはペットと一緒に入ることも出来ます。
お墓を値段や地域・条件から探す

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内