墓石に彫刻する建之や建立の違いや意味は?

質問墓石の彫刻原稿に記載されている「00年00月00日建之」の「建之」の意味は何でしょうか?何と読んだらよいのでしょうか?建立となっているお墓もあったのでどちらが良いか分かりません。


回答意味合い上は「建之(これをたつ)」「建立(こんりゅう)」と同じでお墓を「建てた日付」と「建てた人物」をさします。お墓や石碑など記念碑に使用されていることが多く通常の生活のなかでは日本語としては見慣れない言葉かもしれません。

建之彫刻画像もし寺院や神社がお近くにあれば奉納されいる記念碑や灯籠などの裏面や側面に「00年00月00日 ○○太郎 建立」と刻まれていますので見に行っても良いでしょう。ただし彫刻内容に決まりがないので建立者名だけの場合や日付だけ刻まれているかもしれません。

また「建之」場合は昔は読み下しで「これをたつ」と読んでいたそうです。
読み下しは文字を逆から読むので少し分解して「之(これ)を建(た)てる」として理解すると分かりやすくなります。

文語体などの俳句や短歌に近い用語だったとも言われているようですが、現在の読み方だと「ケンシ」や「コンシ」と読んでしまい意味が分かりにくくなってしまいます。
このためよく誤読してしまうことが多いので「建之」場合は漢字の意味として理解していただいた方が良いでしょう。

最近の霊園では「建之」も「建立」どちらも彫刻している墓石がありますが、私どもでは文語としての意図を残し刻むことがお墓を代々受け継がれる事と似ているため「建之」をおすすめしております。

お墓を値段や地域・条件から探す

ポイント:

似たような意味合いですが寺院の山門などで見られる「山号」が書かれた横長の額では右横書きのようなに書かれていますが、昔は上から下へ、また行を右から左へと進めて文字を書いていたので、「1行1文字の縦書き」と考えられます。
つまり、山号も漢字1文字づつの意味で理解した方が分かりやすいでしょう。
また、今でも存在している右から左に漢字を読むケースは、車やトラックなどの横書きの社名やキャッチフレーズなどです。
これは移動することを考慮してあるので、歴史的な意味合いなどはありません。

G+ページへG+ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内