妙法と位が戒名の彫刻原稿に無いのですが?

質問お寺から戒名を頂いたのですが、白木の位牌に入っている「妙法」と「位」が墓石の彫刻原稿に記載されていません。間違いか何かでしょうか?


回答白木の位牌に書かれている文字は戒名の他に、冠字や上文字、置字、梵字などが書かれている場合があります。
宗派によって異なりますが、戒名の上にある「妙法」「法名」「新帰元」「梵字」など、これらは戒名を構成する文字ではありません。

戒名の下にある「霊位」「位」などは、置字と言われ、これも戒名ではありません。その為、墓石に彫刻する場合は「戒名」だけを彫刻します。本位牌を作る際も同様に記入いたします。

戒名の代表的な構成例

戒名とは基本的に「○○院□□△△居士」というように、院号・道号・戒名・位号から構成されます。最近は院号はつくことはなく、道号・戒名・位号で構成される方が多いようです。

院号 ○○院の部分
かつては高貴な人や、社会的に高い貢献をした人に与えられていました。院号より高貴な尊称として「院殿号」もあり、大名などにつけられておりました。

道号(釈号、誉号) □□の部分
戒名の上につけられ、もともとは仏教を修めた人に与えられた。戒名の上につけられる字(あざな)にあたるものです。趣味や性格を表す文字が入ることが多い。

戒名(法名、法号)△△の部分
本来はこの2文字が戒名で、どんなに身分の高い人でもこの2文字が戒名です。仏の世界では平等であることが表現されています。生前の名前から1文字とって入れることが多いようです。

位号(性称・尊性) 居士の部分
昔は仏教徒としての階級を表していました。性別や年齢などによって違いがあります。
成人男性は信士→居士→大居士、成人女性は信女→大姉→清大姉とランクが高くなる。
また、15歳くらいまでの男の子は童子→大童子→禅童子、15歳くらいまでの女の子は童女→大童女→禅童女などとなっている。

戒名に含めない文字では、他にも宗派ごとによって「空」「妙法」「法名」「新円寂」「新帰元」「遷化」「早世」「霊位」「位」などが用意られます。
また「梵字」場合は、それぞれの宗派の本尊をあらわしています。

G+ページへG+ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内