クレジットとローンは何が違うのですか?

質問お墓を購入する時にクレジットカードで料金を支払うのとローンで支払うのとでは何が違うのでしょうか?
どちらも分割して購入することが出来るのでサービス内容の違いや意味がを教えてください。


回答クレジットとは日本語に訳すと「信用」ローンは「融資」という意味になります。支払いが分割の場合は利率が変わってしまいます。
「消費者信用」ともいわれていますがなかなか違いが分かりにくいサービスです。

クレジットとローンお支払い方法の違いは消費者がクレジットカードなどで商品やサービスを「後払いで購入する」のに対してローンとは「お金を借りて購入する」ことになります。
クレジットの後払いはクレジット会社が立替払いを行います。

つまり、クレジットとローンの一番の違いは
クレジット=「購入代金を会社が立替払い」
ローン=「購入代金を現金で手にする」
となっています。

安心建墓ローンについて

違いを理解するうえで知っておきたい事

「クレジット」と「ローン」はともに「消費者信用」と言われていて違いや意味などが分かりにくいサービスですが最大の担保は「消費者の信用」です。
「信用」を担保にクレジットやローンを利用してショッピングやサービスを消費者が受け取ります。

このため、クレジットは商品を後払いで販売する「販売信用」と言われるのに対してローンは直接金銭を貸しつける「消費者金融」に分けられています。

2つに共通する「消費者信用」とは借りたお金の返済のルールを守ることのできることを指します。また、返済できない場合に代わりに処分できる財産(担保)や保証人がいるなど支払い能力も考慮されます。

分割で支払う場合はどっちがお得なの?

クレジットで分割払いをする場合は支払回数が多くなるほど「利率が上がってしまう」ため希望する商品に特化した「ローンサービスの方が料金を安くする」ことが出来ます。

ローンはいくつかの基準によって「マイカーローン」や「住宅ローン」などに分類されます。基準はローン会社によっては購入商品の料金が大きい場合は「今も同じ会社で2〜3年務めている」など一定の審査基準が設けてあります。

これと同様に私どもでもお取り扱いしているメモリアルローンというお墓を建てるためのローンが存在します。
各商品に特化したサービスなので当社での「建墓ローン」の「利率は2.9%(平成27年現在)」となっています。また、年金のお客様でもローンを組むことが可能な基準となっています。

霊園・墓地を値段や条件で比較しながら探す

注意点

お墓を分割で購入する場合はクレジットよりもローンの方が利率が低く料金を抑えることができますが分割回数などお支払い金額はお客さまにあった内容を選ぶ必要があります。
私どもでは料金をお支払いいただく時には「銀行振り込み」または「建墓ローン」をお取り扱いさせていただいております。
ご不明な場合は、お気軽にご連絡下さい。

G+ページへG+ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内