永代使用料と永代供養料の違いや意味は何?

質問永代使用料と永代供養料の違いや意味は何なんでしょうか?
共に永代に対する料金なので同じように考えていたのですが、どんな違いがあるか分かりやすく教えて頂けますでしょうか。


回答この言葉も同じように聞こえて分かりづらい方が多いようです。
よく使われる方の言葉は「永代使用料」という用語でお墓を建てる時に支払う「土地を永代に渡って使用するための料金」です。
また、2つに共通する注意点は「返還・転売」は出来ないということです。

永代使用料とは(土地代)の詳細

小平霊園合祀墓(永代供養墓)「永代供養料」とは最近使用されるようになった言葉で「永代供養墓や納骨堂」などで使われています。意味は「預かった遺骨を永代に渡り供養するための料金」です。しかし、内容としてしっかりと定義されていないため供養墓を取扱っている寺院や霊園ごとにその内容が異なっています。それは「一定の期間遺骨を預かり合祀する場合」と「最初から合祀する場合」があるからです。

ちなみに合祀とは遺骨を他の家族の遺骨と一緒の土に還して供養することを言います。

2つの意味を比較して見ると以下のようになります。

「永代使用料」→「お墓の土地を永代に渡って使用するための料金」という意味
「永代供養料」→「遺骨を預かり合祀して永代に渡って供養する料金」という意味

ここまでで分かった大まかな違いは「自分でお墓を建てて管理するか」「遺骨を預けて管理して貰うか」ということになります。

しかし、この2つの言葉には共通するキーワードとして「永代」という部分があります。実際にはこの部分が「何年間まで続くのか?」または「何年まで供養して貰えるのか?」などと疑問になる部分でもあります。

永代とは何年先までなの?

実際には永代に渡ってお墓を守っていく「家の家系が何年になると途絶えてしまうか」は分かりませんし、遺骨を預かって供養していく寺院でも何年先まで存続しているかは分からないため「永代」の年数を定義することは出来ません。
もちろん、1つの家系や一般企業よりも永続性が高いから寺院が永代供養墓やお墓などを管理しているので、他に預けたり土地を借りたりするよりは問題は一番少なくなります。

なお、購入する場所が公園墓地や霊園などで経営主体が寺院の場合でも、その宗派に属す事ではありませんし、檀家にもなる必要はありません。しかし、永代供養墓や納骨堂で永代供養をして貰うのはその宗派の仏事に合わせた法要や行事になることが多いでしょう。

霊園・墓地を値段や条件で比較する

注意点:

いろいろな記事や解説でも「永代供養料」につての定義が少しずつ違いどれが「正しい」といった内容はありません。また、利用される霊園や寺院によっても呼び名が違うだけで同じ意味の場合もあります。
例えば「永代使用料」を「墓所使用料や使用冥加金」と言う場所や「永代供養料」を「志納金」と定めているところもあります。

もしこの記事がお役に立ちそうだと思っていただけたら下のボタンから共有をお願いします。

G+ページへG+ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内