前の墓地で使用していた墓石は使えますか?

質問故郷の墓地で使用していた墓石を使いたいのですが、可能でしょうか?代々で使用していたので思い入れがあります。


回答私どもでは、墓石の移転が可能な霊園もご案内しております。
都立霊園や一部の公営霊園でも受付ておりますが、募集予定や申込に規定があります。

民間霊園では川崎市・横浜市・藤沢市・町田市・座間市・八王子市・埼玉県比企郡鳩山町で随時受付をしております。

各霊園や墓地ごとに受け入れられる区画や大きさに規定がありますので、事前にご確認いただく必要があります。

外柵(がいさく)工事また、多くの場合は外柵と言われる部分は、移転することは難しいようです。新しくお求め頂いた公園墓地によっては、区画の寸法(間口・奥行)が合わないケースが多いからです。

加工して使用することも出来るかもしれませんが、もし大きさが不十分な場合や加工時に失敗しても料金は発生します。
お勧めは、全ての石材を使用せず石塔の部分を残した方が料金面でも耐久性の面でもご安心いただけると考えております。

弊社では、基礎打ちから外柵の施工にも耐震性を重視した造りを心がけております。

もう一つの注意点としては、石碑の高さです。和型墓石であれば縦長の石碑で、洋型墓石は横長のカタチをしております。洋型は問題ないと思いますが、和型墓石の場合は古いタイプのですと、尺角(しゃっかく)といわれる大きいサイズのものがあります。

公園墓地の規定によっては、墓域の静観を重視してあまり高い墓石が設置できない場合があります。その場合は、石碑を彫刻文字に掛からない程度にカットして設置するか、彫刻部分を全てカットして新たに彫刻し直す必要があり、料金が高くなってしまいます。

注意点:

移転もとの場所によっては、墓石のバラシ作業と運搬費や工賃などが新規で墓石を建て直すより料金が掛かってしまう場合があります。
また、石種によってはバラシ作業中に石碑を傷めてしまうことがあります。特に昔墓石に使用されていた石種は凝灰岩が多く使用されていたため、削れやすく再利用はお勧めしておりません。
私どもでは、孫子の代までお使い頂くことを考えてご提案をさせて頂いております。
お気軽にご連絡下さい。

G+ページへG+ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内