お墓や墓石の購入には消費税増税は関係あるの?

質問お墓を購入するのに消費税の増税などは関係あるの?相続税が掛からないとは聞いたことがあるのですが、何に税金(課税)がかかるのでしょうか?


回答課税されるのは、墓石工事代(墓石+彫刻+施工工事)と管理料になります。
永代使用料(お墓の土地代)は課税されませんが、墓石工事費と管理料は税制上では課税対象となっています。
また、他にも管理費は、水道代や電気代といった運営にあてられるため、一般家庭と同じように電気代や水道代によって費用が若干変わることがあります。

お墓の値段・価格について

消費税率の適用日について

完成見本墓石石碑工事契約と消費税について、もう少し詳しくご説明すると「消費税がいつ適用されるか」ということになります。「墓石工事契約」は「請負契約」なので原則としてお墓が完成しお客様にお引渡しした時期(納期)の消費税率が適用されます。

つまり、当社が墓石工事のご発注を頂いてから完成し、お引渡しする日によって課税率は以下のように変わることになります。

お引渡し日が平成26年03月31日までなら 消費税率は「5%」

税率の改定があった場合

お引渡し日が平成26年04月01日以降だと 消費税率は「8%」

税率の改定があった場合

お引渡し日が平成29年04月01日以降だと 消費税率は「10%」

2015年度税制改正関連法が3月31日の参院本会議で可決、成立しました。 平成26年10月に予定していた消費税率10%への引き上げを1年半延期し、平成29年4月とすることが確定。「景気条項」を削除し、景気情勢次第でさらに先送りできなくなる。

他にも2015年1月に「相続税改正」されました。詳しくは以下のリンクをご確認ください。
相続税改正による節税対策で「生前墓」が注目

ご注文から納品までの期間

ちなみに墓石の工事はご契約から完成までに「通常3ヶ月」ほどかかります。
お急ぎの場合などには、別途ご対応いたしておりますが選択出来る石種などが制限されてしまう場合があります。

お墓を建てる期間について

特に、国産石の場合は見積もりを「時価」で確認したり、国内で加工するため人件費もかかるため料金が高くなります。また、加工や施工にも時間が必要なため、より早めの注文が必要となります。

お墓を建てる手順やポイント

既にお土地をお持ちの場合は、使用規則をご確認して頂くことをお勧めします。最近の霊園では公営や民営でも墓石を建てる期限を、1~3年までに指定しているケースが多いので今年当選や申込された方は特に確認が必要となります。

お墓を値段や地域・条件から探す

注意点:

工事契約日によって「経過措置」が適用されます。経過措置とは、一定の条件を満たしたご契約の場合、お引き渡しが平成26年4月1日以降でも5%の消費税が適用となります。
一定の条件とは、消費税増税の施行日の半年前「平成25年10月1日」を指定日といいます。その指定日の前日である「平成25年9月30日」までに工事請負契約を行った場合には、お引渡しする納期が平成26年4月1日以降でも消費税率は「5%」になります。
※こちらの内容は、財務省ホームページ「消費税法改正のお知らせ」および「消費税率等に関する経過措置の取り扱いについて」をまとめたものです。

G+ページへG+ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内