「宗旨・宗派不問」とは?宗教自由(無宗教)?

質問お墓を買おうと思っているのですが、霊園のチラシを見ているとよく「宗旨・宗派不問」といった言葉が書いてあります。どういった内容なのでしょうか?


回答確かに最近よく霊園やお墓のチラシでおすすめのポイントの箇所に「宗旨・宗派不問」「宗教不問」という言葉が書かれています。
少し分かりやすく言うと「宗教自由」という意味です。

ここからは良く広告などで記載されている霊園のチラシに表記してある「宗旨・宗派不問」と寺院のチラシに表示してある「過去の宗派は不問」についてご説明いたします。

宗教・宗派不問について

まず、宗教・宗派を辞典などで調べてみると
「宗旨」とは「仏教用語で宗門の中心となっている教義」のこと
「宗派」とは「同一宗教で儀式の違いなどから生じた分派」のこと
と定義されています。

ちなみに一番分かりづらい
「不問」とは「取り上げて問題にしない」こと
となっています。

このことから、霊園やお墓のチラシに書かれてる「宗旨・宗派不問」はどんな仏教の宗門や宗門の分派であっても構わない(問題としない)ものと理解すればよいようです。

他のお客様から「無宗教の霊園を探しているのですが?」とご連絡いただいたこともありますので、全体的に「宗教・宗派不問」と言う意味が少し分かりづらい言葉のようです。

例えると、

・Aのお客様は、もともと宗派を持っていないので「無宗教の公園墓地」を探しています。

・Bのお客様は、家から近い臨済宗の墓地を探しています。

「宗教・宗派不問」の霊園や公園墓地であれば、A・Bどちらのご希望のお客様も、お求めいただくことができます。菩提寺が無くご希望の宗教がある場合は寺院を探す必要があります。

お墓を値段や地域・条件から探す

過去の宗派は不問について

お寺場合は「過去の宗派は不問」と表示していることがあります。この意味としては、購入前の宗派(仏教系の宗派)は問いませんが、購入後その墓地を経営するお寺の檀家になることが条件となっています。

また入檀料が必要な場合もあります。後々お葬式や法要などにも関係しますので、購入する際には墓地のことだけてなく、信頼できるお寺(住職)かどうかも考慮に入れる必要があります。

日本の宗教・宗派について

注意点:

霊園では宗教が自由なところがほとんどですが、一部「在来仏教」に限りるところもあります。霊園では菩提寺の住職を呼んで法要を行うことができますが、在来仏教に限った公園墓地の場合は、日本に古くからある伝統仏教(在来仏教)13宗から選ぶことになります。

在来仏教13宗:
天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗・日蓮宗・曹洞宗・臨済宗・黄檗宗・法相宗・華厳宗・律宗・時宗・融通念仏宗

G+ページへG+ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内