屋内墓苑はどこの宗教でも法要できるの?

質問お墓を引っ越し(改葬)して、屋内(マンションタイプ)のお墓を購入しようと考えています。出来れば前の菩提寺のご住職に法要をお願いしたいのですが、法事・法要はどこの宗派でおこなっても良いのでしょうか?


回答屋内墓苑の経営主体である寺院にもよりますが、最近出来たほとんどの屋内墓地(納骨堂)では「メモリアルホール」を完備しているため「どこの宗旨・宗派でも法要・法事が可能」です。

屋内墓地の法要室

経堂ゆいの御廟のメモリアルホール実際にご見学していただくと分かりますが、屋内墓苑(自動搬送式納骨堂)ではマンションのように各階ごとに「受付・エントランスルーム」「参拝ルーム」「メモリアルホール(礼拝堂)」などに分かれているため受付で法要の申し込みをすれば菩提寺のご住職をお呼びして法事をおこなうことができます。

また、納骨堂は「遺骨を一時的に預ける場所」になっている為、「戒名もつける必要がない」ことが多いようです。

ただし、寺院などにある「ロッカータイプの納骨堂」ではメモリアルホールを完備しているところは少ないため、お寺の宗旨・宗派に合わせる必要が多くなります。

屋内墓地(自動搬送式の納骨堂)の詳細

屋内墓地へお墓を引越しするときの注意点

マンションタイプの納骨堂は屋内墓地のイメージが強く通常のお墓が屋内にあると勘違いしている場合があります。

お墓を改葬(引越し)して屋内墓地に移転する場合は収蔵できる「骨壷の大きさに制限」があります。通常の七寸サイズの骨壷だと2つまでとなり、数が増えた分だけ小さい骨壷に遺骨を移して収蔵します。

骨壷に入らなかった遺骨は寺院の永代供養墓に合祀されて、経営主体である「寺院の宗派で永代供養」されます。

お墓の改葬(引越・移転)の質問一覧

お墓を地域・値段・条件で比較しながら探す

まとめ

納骨堂は、ご遺骨を一時的に預かる場所であるため宗教性は強くないが、永代供養をご希望の場合は経営主体の寺院の宗派は確認した方が良いでしょう。

また、改葬(お墓の引越し)をご希望の場合は先に移転先の場所で遺骨数や収蔵される方法を確認しましょう。

G+ページへG+ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内