樹木葬は小平霊園の樹林墓地とは違うのですか?

質問樹木葬は、小平霊園の樹林墓地とは違うのですか?どのようなお墓なのでしょうか。


回答基本的には、同じ分類の墓地になります。
樹木葬とは「墓地の埋葬などに関する法律」で許可を得た場所に「遺骨を埋め樹木を墓標として埋葬する方法」となっております。

1999年頃に日本で初めて樹木葬(じゅもくそう)を行ったのは、岩手県の祥雲寺さんでした。

横浜市営 樹木型墓地その後、都立の小平霊園で2012年から「樹林墓地(じゅりんぼち)」の募集を開始しました。呼び名が少し違いますが、基本的には同じお墓の種類です。
自然葬と言う考え方から、遺骨はそのまま埋葬するか、自然に還る木のケースなどに入れて埋葬します。

少し前に増えてきた「永代供養墓」と同じで、個人一人での申込が可能なので、子供がいない。または女の子しかいない。などお墓を継ぐ方がいない場合でも購入が可能です。

埋葬する方法によって、樹木葬墓地も何タイプかに分けてお求めいただくことができます。

  • 一つの大きなシンボルツリーのしたにドーム型の複数の遺骨を収蔵できるタイプ
  • 個別の埋葬箇所の上に、指定された低樹木を植える個別収蔵タイプ
  • シンボルツリーの周りに個別に埋葬できるカロートを設けて個別収蔵するタイプ

他にも、個別埋葬する上にプレートを置きお名前を刻めるようにしてあるタイプのお墓もあるようです。ただし、基本的には決められた年数後は、合祀というかたちで、一緒に埋葬されるようです。

お墓を値段や地域・条件から探す

注意点:

通常のお墓や納骨堂などとは違い、合葬式の施設と同じで基本的に一度埋葬した遺骨を取り出したり、改葬(遺骨の移動)をすることはできません。
もし、後継者が出来てお墓を建てても一度合祀した遺骨は出すことが出来ないため、ご家族でしっかりと話し合って決めていただくことが重要です。

G+ページへG+ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内