霊園の「指定石材店制度」てなんですか?

質問霊園の「指定石材店制度」ってなんですか?
お墓を購入しようと霊園で墓地を申し込んできたのですが、知合いの石材店に頼もうとしたら「それは出来ない」と言われたのですが。


回答多くの霊園では、石材店を何社か霊園の規則で指定する制度を設けています。
そのため、現地で申込をした指名石材店からしか墓石を購入が出来ない制度を「指定石材店制度」と言います。

指定石材店制度あまり聞きなれない言葉ですが、この石材店指定制度がある霊園では、お墓を購入する石材店を選ばなければなりません。

何も知らないで、霊園を見学されて申し込んだ場合は、
申込をした石材店から墓石を購入することになります。

なぜ、このような制度があるかと言えば、もともと霊園や寺院は営利目的である墓石の販売業務を行うことが出来ないため、墓地だけを募集する訳にもいかないのです。
そのため、石材店に墓石の販売にあわせて、墓地の募集業務を委託するために設けられた制度です。

また、寺院墓地では、通常1から2社程度が指定されている石材店指定制度も、民間霊園の場合になりますと数十社指定される場合もあます。
このような場合は、事前に希望した石材店がその霊園の指定石材店になっているか確認する必要があります。

なぜ、その石材店を限定する必要があるのか?

管理・経営面でのメリットが大きく、霊園の景観維持するたに規定や工事業者を限定することで、管理規定や工事規定を徹底しやすく、霊園の維持メンテンナスが容易になります。
また、担当石材店が分かりやすいので、お客様へのアフターケアの依頼や墓石建立石材店への連絡がしやすく、無駄な費用を抑えやすくなります。

霊園では、公益性と永続性が求められ、お客様からいただく管理料で運営されます。費用を抑える面や管理の面から例外を作ることあまりしておりません。
一部の民間霊園では、石材店の指定がない場所もあるようですが、安定した運営が優先となっております。

霊園探しは、石材店の担当者探し?

石材店が5社ぐらいの霊園は良いのですが、霊園の規模によっては、石材店が数十社はいっている場所もあります。このような場合は、案内係や営業担当者によってバラつきが出やすいものです。
担当者の「態度が悪い」「知識が乏しい」「説明が不明瞭」「価格提示が曖昧」などといったケースが出やすいものです。
このような場合は、事前に担当会社に電話して、質問しておくと良いでしょう。電話対応がしっかりとしている会社であれば、担当者をすぐに変えてもらえたり、不明瞭な部分をすぐに教えていただけます。

選ばれる5の理由

霊園やお墓を地域・値段・条件から探す

公営霊園では、指定業者はありません。自由に石材店を選ぶ事ができます。ただ、建立後のメンテナスなどを考えるとインターネットなどで販売している安い墓石を購入すると後悔されることもあるようです。
運が悪い場合は、当選した区画をお客様みずから測ることもあるようです。
せっかくご当選されて、墓石を建立されるのですから信頼できる石材店に依頼されることをお勧めいたします。

ポイント:

公営の霊園でも、結局は霊園の近くにある石材店から購入するケースが多く、市営霊園であっても近場の石材店どうしで「石材組合」が存在し、その組合の指定石材店で墓石を購入することがほとんどです。そのため、民営の霊園で存在する「指定石材店」と大きくは違いはありません。
霊園で墓石を建てる場合は、どうしてもある程度の規定を設ける必要があります。その規定にそって墓石工事を行いますので、施工実績や保証などのある石材店が良いでしょう。

G+ページへG+ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内