終活セミナーを受けてお墓の質問をしたい?

質問終活セミナーを受けて霊園やお墓について考えております。
墓石などは高額なのでどういったご案内をしていただけるのでしょうか?
霊園や墓地などはいろんな種類があるのでしょうか?


回答まずは、墓地の分類や種類によってお値段や維持費が変わりますので、どの分類を選ぶかをお考えいただいております。

大きく分けると墓地の分類は3タイプ「民間霊園」「公営霊園」「寺院墓地」があります。それぞれメリット・デメリットからご案内いたします。

終活で気をつけるポイントはこちら

墓地の種類について簡単なご説明

・民間霊園=申込者・墓石の建て方に条件や制限が一番が少ない。

・公営霊園=申込者・墓石の建て方は各市町村により条件や制限ある。

・寺院墓地=寺院の宗派に入檀する。申込者・墓石の建て方は寺院によっては制限がある。

詳細はこちらをご確認下さい。

ここからは、一番制約が少ない民間霊園をお選びいただいた場合をもとにご説明

民間霊園管理棟最近の民間霊園では、お値段を選びやすくするために様々な墓地の種類やタイプをご提供しております。
よくみかけるようになった墓地の種類は、芝生墓地やゆとり墓地です。両方の墓地タイプも面積に比べ墓石をあまり使用しないため、価格を抑えてお求めいただけるのが特徴です。

最近では100万円以下でお求めいただける墓所や永代供養墓といったお一人用の墓地もあります。

他にも多彩な墓地タイプがありますので、詳細はこちらをご確認下さい。

次に墓地の種類に合わせて墓石の形や種類をお選びいただきます。

一般墓地の和型と洋型お客様の選んだ墓地の面積や種類によってご予算に合わせて石材やカタチを決めていかれるとよいでしょう。
もちろん、墓石の種類に合わせて墓地タイプを変更することもできます。

大まかには、和型墓石(縦長の昔からあるタイプ)洋型墓石(横型の背が低いタイプ)デザイン墓石(お客さまのご希望のカタチ)があります。

そして、石材は白御影石・色のついた御影石・黒御影石からお選びいただくのですが、石の種類はとても多いため、弊社実績をもとにオススメの20から30種類からお選びいただいております。

その後、墓石に彫刻する文字やデザインをお打ち合わせさせていだたきます。

ここまで全体の料金がほぼ確定しますので予算にあっているか、再度ご確認をいただきます。内容によってはローンによるお支払も取り扱っておりますのでご安心ください。
お墓は、一度ご購入頂いたあとは、管理料だけでよいので、葬儀とは違い早くから準備をする方も増えてきております。

簡単なご説明になってしまいましたが、終活のご参考になれば幸いです。

霊園やお墓を地域・値段・条件から探す

ポイント:

ご年齢によっては、早くに求めすぎると「管理料を払うのが嫌だ」と言われる方もおられます。もちろんお客様ごとにお考えはいろいろあります。ただ、お買い求めいただいたお客様から「これで区切りを付けて」「より自分らしく生きられる」と前向きなお言葉をいただくことがあります。
管理料も霊園では年間1万円ほどが平均金額なので、月々850円以下の保険に加入したと考えれば少し考えかたもかわるようです。
ご不明な場合は、お気軽にご相談ください。

G+ページへG+ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内