永代使用料とは(お墓の土地代)

永代使用料永代使用料とは、土地を使う権利を永代に渡って取得するための料金のことで霊園や寺院に支払い永代使用権を得ます。永代使用権とは、永代に渡ってその土地を使用できる権利のことで、それぞれの霊園や墓地にある「使用規定」が契約内容となります。
一般的な感覚では土地を購入するのに近いのですが内容は「借りる」ということになります。そのため、消費税や贈与税はかかりません。

<永代使用料は返還・転売出来ません>
墓所を使用したか否かにかかわらず納めた永代使用料の返還はないものとなっていることが多く、管理側に権利を返還しても永代使用料は戻りません。
また、永代使用権を転貸したり転売することもできません。

永代使用料と永代供養料の違いや意味は?

永代使用料の価格について

永代使用料である土地の代金は、立地条件(駅から近い・複数の公共交通機関がつかえる)などによって異なります。特に都内23区などでは公営・民間・寺院問わず料金が高く区画の大きさも0.50平米(間口50cm×奥行き50cm)の小さな区画が多いようです。
都立の青山霊園では、1.60平米の土地代だけで、約480万円ほどかかります。

もちろん、郊外などに行けばお値段も大分かわります。ご親戚や親類も行きやすく「集まりやすい所」やご予算をご検討いただきながらいくつかの霊園を実際に見てみると良いでしょう。

以下の表は、約1.20平米の面積で算出した土地代の地域別、料金比較です。

永代使用料(土地代)の相場

地域 永代使用料
東京都23区 約160万円~200万円
23区外 約40万円~60万円
神奈川県 約40万円~60万円
埼玉県 約30万円~50万円
千葉県 約20万円~40万円
管理料は、年間ごとに約4,000円~14,000円ほど支払いが発生します。

※寺院の場合は、この他に別途入檀料がかかる場合と、入檀料が使用料に含まれている場合があります。

このように地域で料金が異なっておりますが、人気の高い霊園や立地条件の良い場所などではお求めやすい区画がすぐに埋まってしまうので、もしご見学して気に入った場所があれば一度仮申込みされることをおすすめいたします。
仮申込みでは、霊園にもよりますが「1~2週間ほど仮押さえ」が可能となっております。

お墓の価格・値段・費用の質問

霊園・墓地を値段や条件で比較する

注意点:
ご見学される霊園によっては、石材店の指名制度などがありますので、事前にお電話などで確認されてから行かれることをおすすめいたします。
ご指名がなく申込された場合は、その時に案内された石材店からしか墓石を購入する事が出来なくなります。

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内