入檀料(檀家制度)について

入檀料寺院墓地を求める場合は、檀家(檀信徒)になるのが条件です。入檀料は、墓地の使用料に含まれている場合と使用料とは別に納める場合があるので事前に確認された方が良いでしょう。
また、寺院の維持発展などのために護持会費を納めることや、宗派にもよりますが、年に2回ほど施餓鬼法要などを行う寺院があります。

檀家制度(寺檀制度)とは

もともと、寺院墓地の檀家制度(寺檀制度)とは、徳川幕府がキリスト教を禁制とする為に、人々を必ず寺院に所属させ、宗門人別帳を作らせるためのものでした。
現在、市区町村で管理している「戸籍謄本」などと同じ役割をしていました。

檀家になる場合は「入檀家志納金」を納めなければならない寺院もあります。この入檀家志納金は、基本的にはその家の代々の子孫まで有効とされているので、お墓を継承する際に子供や孫が改めてお金を納める必要はありません。
そのため、永代使用料に含めて明示している寺院が増えております。

また、寺院墓地では住職にお経をあげてもらった時や法要を執り行ってもらった時に、お金や品物など「お布施」を渡します。お布施はお菓子などで済ませてしまうケースもあれば、檀家の中である程度相場が決まっていて、その金額を包むケースなど、さまざまな場合が多いようです。

ポイント:
最近では、この「檀家制度」を廃止するお寺もあります。お寺の収益基盤である檀家制度を廃止し、年会費・管理費などや本堂建て替え時などに、寄付を求めることもしていないようです。
その代わりに、本堂を使用した葬儀費用を明確に提示して、宗教活動に専念することで幅広い信徒を受け入れています。戒名を付ける場合と付けない場合の料金も分けています。
また、こうした受入をするために宗教・宗派を問わない墓地や永代供養墓・ペット供養も行なっています。

檀家制度を廃止することで、その宗派に属していなくても、葬儀を行なってもらえる「安心を提供している寺院」も増えているようです。

霊園・墓地を値段や条件で比較する

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内