お彼岸(春・秋)の意味と墓参りについて

春・秋のお彼岸の意味とはお彼岸は3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間の計7日間、もしくはこの時期に行われる仏事(彼岸会)を指します。

年に2日あるお彼岸では、それぞれの初日を「彼岸の入り」、終わりの日を「彼岸明け」といい春分の日・秋分の日を「中日」といいます。
お彼岸の期間はその年ごとに変わります。春と秋それぞれ月の中旬過ぎが一般的にで3月は21日ごろで9月は23日頃が目安となります。

お彼岸の時期には季節が変わりお墓参りしやすい安定した気候になるのも特徴です。

お彼岸の本来の意味

「彼岸」本来の意味としては煩悩を脱した悟りの境地のことを言います。三途の川をはさんで、私達の住んでいる世界を此岸(しがん)といい、向こう側(仏様)の世界を彼岸(ひがん)というのです。

彼岸は「パーラミター波羅蜜(はらみつ)」という梵語(ぼんご)の漢音写で「到彼岸(とうひがん)」と訳されます。「此の迷いの岸である現実の世界から、彼の悟りの岸である仏の世界へ到達する」という意味でもあります。

そこでお彼岸には「悟り」をひらけるように仏道修行の期間という意味合いもあり、普段仏道修行をしていない人達も彼岸の期間中は、西の太陽に祈りを捧げ煩悩を払っていたようです。

現在でも彼岸会や法要を行う寺院は多く檀家同士で集まり先祖を供養しお墓参りします。

国民祝日に関する法律では、
・春分の日=「自然を讃え、生物を慈しむ」
・秋分の日=「先祖を敬い、亡くなった人を忍ぶ」
とあります。

お彼岸で西の太陽に向かって拝むのはなぜ?

春分の日と秋分の日の中日は、太陽が真東から出て真西沈む日です。この日に夕日を拝むのは西にある浄土に向かって拝むことになると言われています。

そのため、この行いは功徳があると言われています。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われているように、お彼岸が来ると最も過ごしやすい季節になります。そして、キレイな夕日が拝めるように中日が晴れるといいですね。

墓地には西向きと東向きの区画あります。東向きの区画にお墓を建てることで、浄土である西に向かって手を合わせ拝むようになります。そのため、東の区画の方を好まれる方が増えました。

お寺の彼岸会では何をするの?

寺院で故人(こじん)の供養をすると同時に「六波羅蜜」の教えを学ぶ大事な行事です。 インドや他の仏教国ではあまり見られない行事ですが、民俗信仰とも深く結びついていてお盆の時期に行う行事である「盂蘭盆会」や「施餓鬼会」などと共に仏教の行事の中では一番に盛んに行われています。

お盆の期間(時期)と盆休みの行事について

最近では、お寺によっては「かき氷」や飲みもを出していたり、「六波羅蜜」の教えをお話しながら、茶菓子(おはぎ・ぼたもち)や軽食を食べたりするなど、地域コニュニケーションの場にもなっているようです。

<六波羅蜜>

1)布施=他人への施しをすること

2)自戒=戒を守り、反省すること

3)忍耐=不平不満を言わず耐え忍ぶこと

4)精進=精進努力すること

5)禅定=心を安定させること

6)智慧=真実を見る智慧を働かせること

豆知識:
「お萩(おはぎ)」と「牡丹餅(ぼたもち)」は、よくお彼岸に食べられますが、これは江戸時代にお彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着したからのようです。
牡丹餅を「春彼岸」にお萩を「秋彼岸」に食べます。もともとは、祖霊崇拝の習慣でぼたもちやおはぎを捧げ、先祖を慰め自身の功徳を積んでいました。本当は、自分たちで食べるものではなったようです。
おはぎとぼたもちが春と秋でわかれているのは、春には収穫をもたらしてもらう為に、あずきの赤色で災難が降りかからないよに「ぼたもち」を秋には収穫を祝い感謝して「おはぎ」を作ったとも言われています。

サイト内検索

ページトップへ戻る

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内