« 2016年4月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

用語・言葉・意味

2014年11月19日

墓じまい(廃墓)とは?新しくお墓を建てる人も悩んでいる

墓石が並んでいる写真ここ最近では高齢者社会を見越して今持っているお墓をどうするか考える方も増えているようです。テレビや記事などでは「墓じまい」と言われる言葉も出てきています。
具体的に「墓じまい」とはどのようなことを指しているかというと「お墓を受け継ぐ人(墓守)がいなくなってしまった場合」「墓を撤去して遺骨を散骨や合祀する」ことです。

墓石の撤去費用はお墓を建てる金額よりも安くなりますが代々受け継いできたお墓を無くすのはやはり寂しいものです。

今回は「墓じまい」で注意するポイントやこれから新しくお墓を建てる方向けには家族形態に合ったお墓をご案内していきたいと考えております。

「墓じまい(廃墓)とは?新しくお墓を建てる人も悩んでいる」続きを読む

Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月15日

墓友とは?友達と一緒に入る共同墓地という終活スタイル

終活霊園見学会以前にも「終活」や「墓マイラー(巡礼)」といったお墓に関する新しい言葉につてご説明してきましたが今回は「墓友(はかとも)」についてお伝えしていきます。
ここ2年ほど前から使われ始めた言葉です。お墓の種類でいうと「共同墓」「集合墓地」といった「1つのお墓を共有するタイプ」です。個々の考えでお墓に入りたい方や跡継ぎがいない方の墓地に分類されます。

「墓友」が使われ始めた最初のころは「お墓を一緒に巡る友達」という意味もありましが樹木葬や合葬墓地を選ぶ方が増えてきたことで「お墓に一緒に入る友達」のことも同じ言葉で表すようになったようです。

テレビでも2014年4月5日に「世にも奇妙な物語」で「墓友」が放送されましたが内容は伏せさせて頂きます。

「墓友とは?友達と一緒に入る共同墓地という終活スタイル」続きを読む

Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年5月19日

妙長寺「鱗供養塔」百四十年祭(放生会法要)

海で読経をする画像先週の「伊豆法難会」に続き鎌倉座木座にある妙長寺さんで行われた「鱗供養(うろこくよう)」を記事にさせて頂きました。鱗供養とは水産物の流通に携わっている方たちが日頃恩恵を受けている魚介類に感謝する行事です。

ここ妙長寺にある鱗供養塔が建立されてから100年を迎えた年から10年に1度行われている年祭となっています。鎌倉魚商共同組合が主催で執り行われていますが、今年は松尾崇鎌倉市長も放生会に参加され鎌倉ケーブルの7Days Dailyの地域ニュースとしても放送されました。

「妙長寺「鱗供養塔」百四十年祭(放生会法要)」続きを読む

Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年5月12日

鎌倉材木座の妙長寺「伊豆法難会報恩法要」と歴史(縁起)

伊豆法難参考画像今回は鎌倉材木座にある日蓮宗の妙長寺さんで伊豆法難会(いずほうなんえ)のお手伝いをさせて頂きました。
伊豆法難とは「日蓮四大法難」の1つで、鎌倉幕府に建白した「立正安国論」が幕府や他宗批判とされ日蓮聖人が弘長元年(1261年)5月12日に伊豆(現在の静岡県伊東市)に配流となりました。
しかし、日蓮が材木座海岸から船で護送される途中の伊東沖「俎(まないた)岩」と呼ばれる小さな岩礁に降ろされてしまった事件です。

「鎌倉材木座の妙長寺「伊豆法難会報恩法要」と歴史(縁起)」続きを読む

Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年4月21日

墓マイラー(巡礼)とは?その意味や魅力を考える

雑司ヶ谷霊園マップ墓マイラーについては2009年頃に初めて聞いたのを記憶していますがハッキリと認識したのは2011年くらいになってからだと思います。
当初は仲がいい高齢者どうしで歴史を調べながらお墓を回っていたようですが出版物や著書が出てきて徐々に知名度が上がってきました。

今では大河ドラマの「軍師官兵衛」に合わせて福岡県の観光イベントに黒田家のお墓が観光スポットになるほどお墓を巡ることが有名になってきたようです。

「墓マイラー(巡礼)とは?その意味や魅力を考える」続きを読む

Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年4月 3日

終活とは?その意味から考える注意点とお墓の関係

終活2009年頃から使われ始めた「終活(しゅうかつ)」と言う言葉ですが、意味としては「人生の最後に向けた活動」となっています。

複数の出版社から葬儀やお墓などを中心に終活本として販売され始め2012年には流行語大賞のトップ10にも選出されました。

今回はこの終活について注意したいことやどう判断するかを考えて行きたいと思います。

「終活とは?その意味から考える注意点とお墓の関係」続きを読む

Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加

石乃家

孫の代まで伝えたい 1984年の創業以来、お客様の心を大切にしたお墓づくりのお手伝いをさせていただいております

詳しい会社概要はこちら

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
石乃家ブログ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内