« 2016年4月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2014年7月13日

お盆の期間(時期)と盆休みの行事について

お盆の時期イラスト画像そろそろお盆も近づき子供たちの夏休み合わせて日程を確認している方も多くなっているかもしれませんがもともとお盆は盂蘭盆会(うらぼんえ)といい先祖の祖霊に感謝し弔う先祖供養の行事ことです。
お盆の期間は都市部などでは「7月13日〜16日」の4日間他の地域では「8月13日〜16日」の4日間となっています。お盆期間は毎年ほとんど変わりません。
理由はお盆の期間を決めるときに旧暦の7月15日「満月の日」を中心にその日の前後で行事を行うように決めたからのようです。
旧暦ではお月様の満ち欠けを基準に暦が作られているので満月の日を中心に決める方が分かりやすかったのでしょう。
しかし最近では、ほぼ全国的にひと月遅れで行う月送れ盆の新暦8月15日を中心に行われることが多くなりました。

何故お盆の期間に違いがあるのか?

実はお盆の期間は地域によって3種類あります。これは最初に「お盆を定めた時は旧暦を使用していた」ことと「各地域の活動の違いによる事情」「新暦に対応できない地域」によって発生しました。

  • 1)7月盆として「新暦7月15日」を中心に行事をおこなう地域
  • 2)8月盆として「新暦8月15日」を中心に行事をおこなう地域
  • 3)旧盆として「旧暦7月15日」を中心に行事をおこなう地域

この3つに分かれた理由にはいろいろな説があります。都市部だけ7月15日なのは地方と盆の時期をずらすことで家族や親類が集まりやすくするためと言われています。また8月15日を中心にしたのは農作業が忙しい時期と重なってしまうためと言われています。他には旧盆(旧暦7月15日)の日に行事をおこなっている地域は古くからの祖先祭りの時期はずらすことが出来なかったようです。

他にも日本独自の文化で行われている行事は旧暦である太陰太陽暦を利用していたため西日本と東日本で比較した場合でも祭りなどの時期がことなっているケースが多いようです。
国が法律で定めた「国民の祝日」とは昭和23年の新暦である太陽暦(グレゴリオ暦)で新たに制定されたため旧暦で行われていた行事では、この様な誤差を埋める為に月遅れ盆などが生まれたようです。

霊園・墓地を地域や値段・条件から探す

お盆休み行うお盆の行事ですること

お墓参りイラスト画像お盆休みは新暦で8月15日前後が平日であっても休日になる人が多く学校ではほとんどの生徒が夏休みに入っている時期です。国民的な祝日としても広く認知されていますね。そして仏教の行事よりもテレビでは車の渋滞情報や新幹線の帰宅ラッシュなどでにぎわっています。

それはお盆休みには実家に帰りお盆の行事をしてお墓参りする仏教的な習慣があり全国的に恒例になっているからでしょう。ここからはお盆の行事を確認していきます。
但しお盆の習慣も宗派や地域によって違いがありますので、それぞれの家や地域の風習に沿って行うことが多いので一般的な良く行われる内容をお伝えいたします。

お盆の期間におこなう行事

  • 迎え盆(お盆の入り):「13日の夕方」に盆提灯を灯し、庭先に「迎え火」として麻幹(おがら)を焚き「先祖の霊を迎える」
  • 「14〜15日」は先祖の霊は家にとどまり、ご住職をお招きしお経を唱え飲食をして供養をおこなう
  • 送り盆(お盆の明け):「16日の夕方」に「送り火」を焚き「先祖の霊を送り出す」

他にも地域によってはお盆の期間に盆棚を作り花や季節果物など故人の好きだったものをお供えし仏壇に線香をあげお墓参りに行く事もあります。精霊流しや京都で有名な「大文字焼き」も送り火の1つです。

飾り物に使用するキュウリやナスの本来の名前や役割などはこちらのリンクからご確認ください。お盆の由来や寺院で行う法要の意味などが分かります。

お盆の由来や歴史(迎え火・送り火・お供え物の意味)

霊園・墓地を地域や値段・条件から探す

まとめ

お盆は地域やそれぞれの家の事情で行事のおこない方や時期が異なることがありますが一番重要なのは先祖を供養する期間として家族が一緒に楽しいひとときを過ごし帰っていくという日本文化の代表的な行事の1つということです。
定められた時期ではなくご家族ですごす大事な時間と考えた方が良いでしょう。

もしこのレポートがお役に立ちそうだと思っていただけたら下のボタンから共有をお願いします。

Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ishinoya.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1244

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

石乃家

孫の代まで伝えたい 1984年の創業以来、お客様の心を大切にしたお墓づくりのお手伝いをさせていただいております

詳しい会社概要はこちら

文字サイズの変更

資料請求 お問い合わせ
石乃家ブログ
霊園・墓地探し(エリア検索)
神奈川県 東京都 埼玉県 千葉県
選ばれる理由
初めてのお客様
墓石の基本情報
会社案内